ガウラミニとルルドはどっちがオススメ?総合評価が高いのはどっち?

ガウラミニ同様、楽天市場でも口コミ評判の良い「ルルド」。

 

ここでは、ガウラミニとルルドを比較して、総合評価が高いのはどちらなのか調べてみましたので紹介します。

 

  ルルド ガウラミニ

商品画像

 

水素濃度 1.2ppm 1.0ppm
水素生成方法 分離生成 ワンパス式
利用できる水 浄水・RO過水 水道水
生成時間 10分 500mlが30秒
本体価格 15,840円 159,840円
レンタル 月額4,980円
メンテナンス オゾン水の生成のみ カートリッジ交換/1年

 

水素濃度はルルドが優位

 

水素濃度はルルドの方が高いですね。ただ、水素濃度は1.0ppm以上は効果に差はありません。作ってすぐに飲むなら、ガウラミニでも問題はありませんね。

 

水素生成方法

 

機能的な点でいえば、ルルドの分離生成の方が優れています。分離生成式で作られた水素水は水素の発生源である電極が溶ける心配がありません。

 

電極が溶けると、金属イオンなどの不純物が発生する可能性があります。金属イオンを摂取したからといって、人体に影響があるわけではありませんが。

 

ただし、ペットに飲ませるなら電解式の水素水は控えた方がいいでしょう。下痢になる可能性が高まります。

 

水素生成時間

 

水素生成時間は圧倒的にガウラミニの方が早いです。ルルドが10分に対して、ガウラミニは30秒で500ml作ることができます。ボタンを押したらすぐですね。

 

実際、朝の忙しい時間に10分も待っている余裕はないので、時間に余裕のある方以外はガウラミニがいいでしょう。

 

レンタルの有無

 

ルルドにはレンタルがありません。本体価格の159,840円を支払う必要がありますので、初期費用がかかります。

 

 

その点、ガウラミニは月額4,980円からレンタルできますので、初期費用をできるだけ掛けたくない方はガウラミニがオススメです。

 

まとめ

 

ガウラミニとルルドの大きな違いは水素水生成時間とレンタルの有無です。

 

水素水が出来上がるまで、のんびり待てない性格で、初期費用をなるべく掛けたくない方はガウラミニがいいでしょう。