ガウラミニの濃度は本当に1.0ppmあるのか?

ガウラミニの特徴は水素濃度1.0ppmが待ち時間なしですぐに飲めることです。

 

水素水サーバーといえば、水素水を作るのに時間がかかるイメージですが、本当に水素濃度1.0ppmあるのでしょうか?

 

ガウラミニの水素濃度は外部機関で検証済み

 

ガウラミニの水素濃度はメーカ独自の調査ではなく、外部機関による検査も行っています。

 

  • 法政大学
  • 日本水素水振興協会認定
  • 電磁両立性試験合格
  • 製品安全試験の国際基準取得
  • ナノレベルで測定

 

これらの外部機関によって認められた水素濃度なので安心ですね。

 

長期間使用しても水素濃度1.0ppmを保つ

 

ガウラミニの水素発生方法は、水素ガスを充填する方法ではなく、電極から水素を発生させる電解式を採用しています。

 

水素ガスを充填する方法の水素水サーバーなら、ガスがなくなったら濃度は低くなりますが、電解式なら、長期間しようしても水素濃度が下がることはありません。

 

 

まとめ

 

外部機関が認定した、水素濃度1.0ppmの水素水を作れる「ガウラミニ」。

 

もしも、初期状態で水素濃度が出ていなかったら、新品と交換してくれるというサービスもありますので、売って終わりというアフターサービスがない企業とは一味違います。

 

さすがは、フィットネスクラブへの導入実績No.1企業ですね。